嬉しい出会い♪

記事の更新が滞ってしまいました。何事も続けるのは大変です。

昨日は関西でこがらし1号が吹き、関東地方も昨夜から急激に冷え込みました。その為かなかなか寝付けませんでした。明るくなってから数時間眠ったでしょうか。階下から三女のY子がまた寝坊してバイトに遅刻した様子で目が覚めました。案の定、車を出してほしいとのこと。次女のS子は呆れています。「遅刻しすぎ!」・・と

Y子を送り帰宅するとシュウが散歩へ行く気満々016.gifさっそく支度して出掛けることに。外へ出ると昨日とは比べ物にならないほどの好天。少し肌寒いですが散歩を終えて帰宅する頃にはうっすらと汗を掻きそうな感じでした。

さてと玄関から石段を下りると右へ行こうかそれとも左か、最近必ず迷うシュウであります。この迷っている時に何を考えているのか心底知りたいです。きっとワクワクしているのでしょう。

まずうちの垣根のクンクン新聞を読んでから、「よし!今日は左だ!」001.gif
a0135924_15143687.jpg
しゅっぱーーーつ!

橋を渡り、踏切の手前に来ました。昨夕は踏切を渡り、公民館の方へ行きました。今日は踏切を渡らないようです。「そっちは夕べ行ったからな~」てな具合でしょうか。駅の方へずんずん進んで行きます。この道は狭い上に路線バスが対面通行になっていて、バスがすれ違う時は人は両脇を抜けられません。しかもバスは本当にスレスレです042.gifここを最近はシュウと歩いています。こんなに往来の激しい通りをよくこのトラウマワンコが歩けると感心してしまいます。   

スーパーが近くなると人通りは更に増えます。そんな中を人の邪魔にならないように、私もシュウも注意しながら進みます。車や自転車が来ると、シュウに「危ない!034.gif待って~!」 するとシュウは私の顔をちらっと見て大人しく待っています。人が前からやってくると基本的にはこちらが避ける様にしています。「シュウちゃんおいで♪」 でことは足りるレベルにまで達しました。私としてはかなり高度な散歩ができているのではないかと(間違っているかもしれませんが・・・)自負しています。というのも、以前はブルブル震えながら歩いていたので、シュウ自身が来たいと言ってきたのに、やっぱり怖いお散歩だったようです。それからすると随分上手になったなぁと思うわけです043.gif

いつも知らない人に、「落ち着いてお散歩できるんだねぇ・・」 とか「えらいわねぇ・・大人しいわぁ・・037.gif」 とかよく褒めて貰いますが、私が「シュウ♪ 今度はどっちに行くの?あっち?こっち?」 とか聞きながら散歩しているのを見た方がニコニコしながら、「幸せなワンコちゃんね♪」 とおっしゃって下さって、「犬が行きたい所に連れて行ってやるのが本来の散歩ですから・・」 というと「そうよね♪」と答えた女性がいて、世の中捨てたもんじゃないと感じました。


ちょうどお昼時の散歩であちらこちらから、好い匂いが漂ってきて019.gifハンバーガー屋さん、カツ丼屋さん、ドーナツ屋さん、アイスクリーム屋さん、とどこでも入りたそうに立ち止まっては中を覗いている好奇心旺盛なシュウでした。

そこを無事に通り抜けると向こう側に白っぽいチワワが見えました005.gifさて今日の本題ですが、まずシュウがワンコに気がつきましたので、「チュチュ♪ おいで♪」で呼び戻しておやつ。少しずつワンコの方へ近づきながら、再度おやつをあげました。「良い子ね♪良い子ね♪」です。するとチワワちゃんはガウガウ047.gifとリードを引っ張って興奮しています。シュウは無反応です。すると相手の方が「すごい落ち着いたワンちゃんですね。」 と褒めて下さいました。私にとってはこういう場面がEggiさんから頂いた<幸せワンコの種056.gif>を蒔くチャンスと捉えています。今まで何十人の方々に同じお話をしてこれたでしょう。本当に私にとっては幸せな時間です。

その場でその方と少しお話をしました。シュウも以前はガウガウ犬047.gifで大変だったこと。本で勉強したり訓練師さんの指導を受けて少しずつ反応しなくなったこと。相手の方は感心しながら熱心に私の話を聴いて下さいました。向こうに他犬が見えたら、名前を呼んでこちらに来たらおやつをあげてたくさん褒めてあげること010.gif。ワンコが他犬に反応しきってしまって興奮状態047.gifに入る前に、呼び戻して褒めてやること。少しずつ相手のワンコと距離を縮めながら、おやつをあげながら褒めること。上手く吠えずにすれ違えたら、そこでまたたくさん褒めてやること043.gif

なかなか一挙に解決はしないけれども、他犬がやってきたら、おやつが貰えたり褒めて貰えるという学習効果が出てくると、もうどんなに相手のワンコがガウガウでも、自分の犬が一緒になって反応することはないからと話しました。どうしても興奮が冷めやらないときは、その場から立ち去ること、ワンコのストレスレベルを早く下げてあげること。飼い主さんがなにかあったら自分を必ず守ってくれるんだとワンコが理解できたら、どんなことがあっても落ち着いたワンコでいられること。叱らないでやってほしい。オーナーさんにとって困ることは無視してあげること。たまたま出来たことがあったら、間髪を入れずにうんと褒めてやること。

最後に私のメールアドレスをメモしてお渡しして別れました。上手くいくといいなぁと思います。街でご相談を受けたらその場でお話をすることにしているので、シュウもよくわきまえてくれています。話が終わると必ずご褒美が待っているからです。そして「シュウ~♪ ありがとう。よく付き合ってくれたね!本当にありがとう!」 とお礼を言うようにしています。雑踏を歩くのは犬に対する周囲の理解を深める良いチャンスですから、なるべくシュウとコミュニケーション060.gifを取りながら歩き、それを周りの方々にも聴いてもらおうと決めました071.gif

シュウが居てくれるお陰で、こんな草の根的な活動でも何か、世の中の動きを変えるチカラとなるのではないでしょうか。そんな固い決意を持って明日もシュウとの散歩を続けます。私とシュウに神様から与えられた使命・・なんて大げさですが♪
a0135924_1323195.gif
長文でごめんなさい!読んで頂きありがとうございました。
[PR]

by syu_beruto73 | 2009-11-03 15:22 | 犬との日常