カテゴリ:雑感( 17 )

一見さんの犬

暫くぶりに、とら吉のヽ(`△´)/炸裂。。  原因は・・・

a0135924_19445230.jpg


このマルチーズ ♂ 年齢不詳
a0135924_19451156.jpg



長女が夜9時過ぎに我が家へ用事で来る途中、リードを付けたまま、ふらふらとあちらこちらへ歩いていた。

道端で幾人かの人が話をしている。この中の誰かが飼い主かとおもいきや、全員がその場から立ち去った。

犬と長女はその場に残った形に。車に轢かれるんじゃないかと心配した娘が私に連絡。

とりあえず連れてくるよう、話し、娘と犬を迎えに外へ出た。

白い人懐っこそうな犬。マルチーズだ。あちらこちらにマーキングしている。

玄間から抱っこで洗面所へ直行し、温かいお湯でシャンプー実施。ワタワタと暴れるけれど、噛みつく様子もなく、シャワーして綺麗になった。私達が使っているバスタオルで全身を拭いてから、ドライヤーで乾かす。

フワフワでいい匂いになった。首輪と汚れたリードは外して、シュウのものをつけてやった。もう少し、乾いたら、フロントラインをしてやろう。

寒いだろうから、洋服を着せようとしたが、唸る。着せるのを止めて、ささみご飯と水を床に置くと、空腹だったのだろう、ガツガツと山のように盛ったご飯をペロッとたべてくれた。ほっとする。

乾いてフロントラインをしたら、ものすごい勢いで噛みついてきたがなんとかノミダニはしておかないといけないから、済ませた。。全然痛くないが(慣れていたので。。)、飼い主に可愛がられていないか、かなり叱られてきた犬だとすぐにわかった。

問題はとら吉だ。自分の縄張りに突然入って来た犬に威嚇している。犬はトラにワンワン吠える。えらい事になった。

とりあえず今夜は、ゲージに入れて、この一触即発の状況を治めなくてはならない。それはなんとか上手く行った。

朝、散歩に連れていった。夕べたくさん美味しいものを食べさせたので、たっぷりとウン〇が出た。よかったね!と話しかける。リードはグイグイと引っ張るから、ハーネスにしてよかった。名前はわからないが、とりあえず、<バッハ!バッハ!>と呼ぶと振り向く。 ん?君はバッハかい? シュウが居なくなって初めての犬との散歩だった。やっぱり犬と散歩は楽しかった。と同時に、この犬の飼い主を探さなくてはならないから、急にさみしくなった。

家へもどると、とら吉が怖がって威嚇する。とら吉にストレスを与えるのは避けたい。しばらくしたら、この犬がいた方へ歩いていってみようと思い、ほんの少し外へ繋いでおいた。

ところが隣の方が玄間から出てきた途端、吠えまくった。慌てて外へ出て、付いていたリードを手に、家探しに出た。

バッハ君はさっさともと来た道を歩いて行く。何件か先の家の前に来ると、玄関へ向かった。ん?ここ?来た方のずっと手前だぞ。

このうちにはマルチーズばかり5匹いる。シュウが存命の時に、時々、相性のいい子と上手に挨拶していたのを思い出した。チャイムを鳴らすと、犬の吠え声と同時にうちの方出てみえた。

バッハ君をみた途端、「あら~また脱走したの?」と言う。話を聴くと、元々この犬の<実家>だったそうだ。近所のアパートの住人で、子犬が欲しい人に譲った犬だったとのこと。名前は・・・なんだっけ。聴いたのに忘れた。どうも駄目だ。聴いてもすぐに忘れる。アパートの住人は碌な飼い方をしていないらしく、犬がすぐに家を出てしまうという。餌も水もどうもちゃんと与えている様子がなく、世話は小学生の子供に任せている。

家の中はゴミが散乱し、とても犬を飼える環境ではないという。私はもう、アパートへ返すのは可哀相でしょう。返さない方がいいのではありませんかと進言した。その方も、そうですよねと頷いていた。
御礼を言ってその家をあとにした。シャンプーやフロントラインを入れた袋を、後日持参して、ポストへ入れておいたら、御礼に美味しいお菓子がきた(^-^)
a0135924_1945440.jpg


a0135924_19454385.jpg

[PR]

by syu_beruto73 | 2011-10-22 20:31 | 雑感

とら吉のきもち

     私がポロポロと涙をこぼしていると、

     とら吉が、

     ヌワーーーーンだとかムゥーーンだとか言いながら、

     私の真正面に来て、鎮座した。

     そして、じっと

     不思議そうな顔で

     私をみつめている。

a0135924_1251296.jpg

[PR]

by syu_beruto73 | 2011-10-21 01:25 | 雑感

おもいで

a0135924_10384255.gif

桜の頃、娘にとってもらいました。懐かしい・・
a0135924_1043693.jpg


シュウは私とゲームをするのが大好きでした。袋の中におやつを入れて、それを放りあげて中から取り出すのは、袋を膨らませるまで待てなくて、早くwという感じでした。それから両手のどちらかにおやつを入れて、当てっこするとか、コップの中におやつを入れて当てたり、楽しかったなぁ・・・・

もう本当にシュウとは想い出があり過ぎて、ひとりで歩いていると、クンクンしていた場所があちらこちらにあって、お気に入りの○ンチ場・シッコ場だったなぁ・・・とか

シュウのお気に入りだったおもちゃも遺骨と一緒に置いてあるけど、もう慣らす犬はいない。。。まだまだ立ち直れないピッピであります。

今日は心療内科の受診日だったので、予約時刻ぎりぎりにセーフ。主治医が休診で代診の先生でしたが、犬のことや両親介護のことなど話をしてきました。
[PR]

by syu_beruto73 | 2011-07-16 13:58 | 雑感

ひと月経ちました

この2日でちょうどひと月が経ちました。

シュウがちょうど息を引き取ったAM3:10, NHKラジオ深夜便からはクラシックが流れ、シュウは私が好きなシューベルトの歌曲に乗って旅だったのだと思うと、涙しながらも偶然さに驚いていました。

ラジオ深夜便は深夜に眠れないお年寄り向けの放送?なのかな・・でもいつも23:50頃、深夜便が始まると今日はどのアナウンサーかなと、音を小さくして聴き入ります。深夜便はシュウが生きていた時もずっと聴いていました。

シュウは私と枕を共有していたので、ラジオは私側に置き、シュウの眠りをなるべく妨げないように、聞こえるか聞こえないかくらいのボリュームにして、いつしか眠りにつくのが習慣になっていました。

たまにもうすぐ深夜便の時刻になるのに、私がPCにしがみついていると、シュウはむっくりと起き上がって、私の腕におねだりポーズをするように顎を乗せてきたものです。 「かぁちゃん。。ラジオ始まるよ!」 のあいずです。

可愛かったなぁ・・・犬ってどうして顎を乗せて、何かをねだるような表情をするんでしょう。本当に人間の子供のようで、たまらなく可愛かった。。。

でも今は枕には独り007.gifになりました。電気を消して真っ暗にすると、とらちゃんはいつも開け放してある押し入れにドスンと上がり、段ボールのひんやりとした感触にすりすりしながら、眠りに付きます010.gif



****************

今日は夕方、昼寝から覚めると<ずっと、ずっといっしょ・・・だいすき>のルビーさん058.gifからメールが来ていました。明日はマリン君の誕生日なので、シュウ君が一緒にお祝をしてくれるんだとあり、そうだよね。。。笑顔ワンコのみんなが大集合して、お祝するんだなと想像すると、胸がいっぱいになり泣いてしまった私でありました。


この中学生071.gifはお手手でこの↓↓↓網戸を開けて、私がNHKのクローズアップ現代を観ている最中に脱走しましたが、気がついたのが早かったので真っ暗闇の中で、「トォーーーーラーーー♪」と呼ぶとすぐにやってきました。出たのはいいけど不安になったのでしょう(T_T)
a0135924_214386.jpg


a0135924_2146815.jpg


最近の定位置↓↓↓
a0135924_21471150.jpg


a0135924_21481443.jpg

[PR]

by syu_beruto73 | 2011-07-06 21:55 | 雑感

回想

懐かしいなとnaoさんのこの記事をみて思いました。

私がゆっくりと歩きながら、時々後ろを振り返ると、シュウもこっちを見ながら、<アリンコ探してwan千里>をやってました。これからもっともっと上手になっていくんだと思っていたのに・・・シュウのリードやカラーを見るたびに、もういないんだなぁと思います。毎日、毎日、そんな日を繰り返していくうちに、喪失感は薄れ、癒されることなく、自分は生きて行く。。駄目だ。。駄目だ。。こんなんじゃ
a0135924_2311122.jpg
a0135924_2314083.jpg
a0135924_2315573.jpg
a0135924_2333349.jpg
a0135924_234108.jpg


この中学生の猫をちゃんと育てなきゃ!045.gif
[PR]

by syu_beruto73 | 2011-06-28 23:06 | 雑感

回想

いつも御心配をお掛けしてばかりで申し訳ありません。

慟哭という状態から抜け出せずにいるのは、私自身が生きていて精神活動を行なっている限り、消えないんだろうなと、きっぱりと認識することが新たな一歩を踏み出せる時なのでしょう。シュウベルトが死んだという事実を受け入れられていない限り、その時は来ないのだと、文字にすることで立ち直っていきたいと思います。

こんな風にぐったりとしながらも、温かいベッドで外を眺めていました。
a0135924_10264633.jpg


シュウを荼毘にふした後、急に何か作りたくて、とらちゃんの抜け毛で、しゅうちゃん人形(3㎝大)を作ってみました。
裁縫箱の中身は、引っ越しの時にかなりいろんなものを捨ててきてしまって、限られたものしかありませんでしたが、黒いビーズはコロコロと何個か転がっていました。で、できたものがこれ↓↓↓飾りのお花は頂いたお花を使いました。
a0135924_2296100.jpg

a0135924_2201726.jpg

a0135924_1030243.jpg

これはシュウ君の骨壷の横に置いてあります。みると笑顔で、元気が出そうな気がします。
[PR]

by syu_beruto73 | 2011-06-24 10:38 | 雑感

胃痙攣

毎日、外へ出ない引きこもりの状態に近い生活になってしまいました。

シュウが居た時はだるくてもなんでも、基本、朝夕散歩へ出て、やっぱりシュウが居てよかったなぁと心底思っていたものでした。

やはり外へ出る目的が無くなるとダメです。毎日、行動半径3mの生活では全身の筋力が衰えてきます。今、この胃痙攣もそのせいでしょうか・・・・苦しい
[PR]

by syu_beruto73 | 2011-06-21 00:50 | 雑感

花の好きな猫

花発見~❤ 大急ぎで近寄ってくるトラ(`´)

すっかり食卓に付く準備ができましたと言わんばかりの猫
a0135924_21373181.jpg

a0135924_2136224.jpg
a0135924_2138192.jpg
a0135924_213842100.jpg
a0135924_21405764.jpg
a0135924_2142925.jpg
a0135924_21424451.jpg

[PR]

by syu_beruto73 | 2011-06-10 21:44 | 雑感

野辺送り~

眠っているかのようで、シュウ君と呼ぶと眼を開けてくれそうな錯覚を覚えました。

可愛いお花を届けて下さいましたお友達には、心からお礼を申します。支えて下さいました<幸せワンコ道を目指す>皆様、シュウも私も幸せでした。

公営のセレモニーホールの小動物用入口から奥へ進むと、白い手袋をつけた方がもう待っていました。丁寧な御挨拶で、シュウの棺は運んで下さいました。シュウの棺を火葬用のストレッチャーに移してから書類に記載事項を書きいれて、2万円を支払いました。因みに人間は1万円で火葬してくれ、子供は半額です。

それから最期のお別れをするために、もう一度シュウのお顔や耳を撫でて、ありがとうと言いました。次女が一緒に来ていて、何度も何度もありがとうと言っていました。フランスへ留学中の三女がとうとうスカイプでしか姿をみることができませんでしたので、彼女の分までお別れを言いました。

30分程、待合室で待っている間、これまでのことを回想したり、この場所がなんとも長閑で、晴天でもあったためか、野辺の送りをするにふさわしい、広々と気持ちの良い施設だなと感心したりしていました。

声が掛り、骨拾いの前に、シュウの真っ白な遺骨について丁寧な説明が為されました。頭部、背骨、腰骨、脚、そして喉仏け。ほんとに可愛い喉仏けだと思いました。次女は係りの女性の説明に懸命に耳を傾け、何故、喉仏けと呼ぶのかを初めて知ったようでしたし、私も仏様が合掌しているお姿をこの目ではっきりと見たのは、この日が初めてでした。

陶器の中にそっと1つずつおさめ、たれパンダの袋にちんまりとおさまったシュウと一緒に帰宅し、廊下のスペースにおくことにしました。ウサギは、シュウとはなんら関わりがありませんが、二階の長女の部屋にいつも、ぽつねんと外を眺めているので、ずっとシュウの傍に居てもらう事になりました。にわかに任命を受けたウサギさんでありますが、みんなが居る場所へきて、しかも甘い香りのする熊さんのろうそくを抱っこして、座っています。

もともと何か手作りをするのは好きだった私。マスキングテープを骨壷に貼る事にしました。記念写真は、ウィーン帰りの、羊さんです。Eggiさんのところへ伺った時に、街の文具屋さんで、黄色いあひるさんとともにセール品になっていました。このお二人さんだけが、残っていましたので、日本へと連れ帰ってきたのです。

まさかシュウ君の骨壷と並んで記念写真におさまるとは、その時は夢にも思わなかったでしょう。

a0135924_16172981.jpg
a0135924_16183939.jpg
a0135924_1619214.jpg
a0135924_16192161.jpg
a0135924_16195665.jpg
a0135924_16201379.jpg
a0135924_1621322.jpg
a0135924_16223089.jpg
a0135924_16224420.jpg
a0135924_16232774.jpg

[PR]

by syu_beruto73 | 2011-06-09 16:59 | 雑感

シュウのために

泣くなった日の朝、公営のセレモニーホールに連絡すると段ボールにおさめて翌3日の9時までにくるように言われました。

引っ越しの時のMサイズが丁度よいので、それを使う事にしましたが如何せん、このままでは味気なく、シュウの野辺送りをするにふさわしい可愛い棺を作ることにしました。箱に貼る布は娘達が小さかった頃にズボンやブラウスにした残りの生地にしました。また文字はマスキングテープがあったので、それを手でちぎってペタペタ貼り付けていきました。

リビング隣の和室に、シュウを寝かせて、私は夢中で作りました。苦労の掛けっ放しだったシュウのために、できるだけ可愛くしました。シュウは洋服を着るのが嫌いでした。犬なのだから当然だと、前に買って一度も着せた事がなかった寒がりのシュウのために、骨と皮だけになった身に着せてやりました。ピンクで白いボア付きの温かいトレーナー。
a0135924_13247.jpg

a0135924_131434.jpg

シュウ君~嫌だろうけど、許してね!と話し掛けました。

夜は娘に早く帰宅してもらってお別れ会をしようということになり、買い物はすぐに食べられるものを午前中に調達しておきました。

シュウは座卓にケーキを置いておくと、みんながテーブルを離れた隙に、こっそりと生クリームを舐めて、口の周りをクリームだらけにして、みんなに大笑いされていました。懐かしいです。ケーキが大好きだったシュウの為に、今秋、挙式を控えた長女の婚約者が散財してくれました。また病院からお花を頂いたので、翌朝、家を出るときにみんなでその花を入れようということになりました。

少しずつ野辺送りの準備が進んでいくにつれ、とら吉は無口になり、大好きな水を飲もうとせず、当然ながらオシッコがでなくなっていましたが、忙しくしていた私はその時、気が付いていませんでした。

a0135924_15284826.jpg
a0135924_15292639.jpg
a0135924_15301092.jpg

a0135924_121449.jpg


a0135924_15304445.jpg
a0135924_15321943.jpg
a0135924_15324454.jpg
a0135924_15332851.jpg
a0135924_1536649.jpg
a0135924_15384512.jpg

[PR]

by syu_beruto73 | 2011-06-09 16:00 | 雑感