椎間板ヘルニアのマロン君のこと

今日はお友達ワンコが懸命に頑張る姿に感銘して、了承を得たうえでリンクさせて頂きました。
 
生きている証>のえみまろさんちのキャバリア、マロン君emoticon-0152-heart.gif
2010年秋に椎間板ヘルニアと診断されて、ご家族で介護なさっています。
まだすべての過去記事は読ませて頂いてはいませんが、3/30で11歳になる老ワンコさんをご紹介します。

マロン君⇒
a0135924_0314856.jpg


記事はこちら→<腰椎椎間板ヘルニアと闘う愛犬マロンが散歩に行くときの姿 ~歩行補助ハーネス(後足用)と靴下と~
a0135924_0311895.jpg

[PR]

# by syu_beruto73 | 2012-01-27 00:37 | お知らせ

2012年!

こちらのブログは暫くお休みしてしまいました。

旧年中は拙ブログへご訪問頂き、シュウベルトのことではご心配をお掛けしました。

温かいコメントに心からお礼を申し上げます。

シュウベルトの姿は透明になって眼には見えませんが、頂きもののグッズを首輪に付け、私のリュックにぶら下がって、九州でもどこへでも自由にくっついて来れるようになりました。

リュックを担いで歩くと、シュウと散歩していた頃のチョリン~♪ チョリン~♪が響いてきます。 

しかし正直言って、まだ立ち直れず、激しい喪失感に苛まれる時があります。

とら吉が居なかったら、私は今、この世に居ないなぁ・・・とさえ思うのです。

シュウベルトは別れを予感していたのではないかしら・・・きっと私のことが心配で引き寄せたのかもしれません。

動物には、人間には分からない本能がありますからねemoticon-0125-mmm.gif

a0135924_035056.jpg


a0135924_03941.jpg


a0135924_032557.jpg


今年もよろしくお願い致します。
a0135924_002365.gif

[PR]

# by syu_beruto73 | 2012-01-08 01:19 | ご挨拶

一見さんの犬

暫くぶりに、とら吉のヽ(`△´)/炸裂。。  原因は・・・

a0135924_19445230.jpg


このマルチーズ ♂ 年齢不詳
a0135924_19451156.jpg



長女が夜9時過ぎに我が家へ用事で来る途中、リードを付けたまま、ふらふらとあちらこちらへ歩いていた。

道端で幾人かの人が話をしている。この中の誰かが飼い主かとおもいきや、全員がその場から立ち去った。

犬と長女はその場に残った形に。車に轢かれるんじゃないかと心配した娘が私に連絡。

とりあえず連れてくるよう、話し、娘と犬を迎えに外へ出た。

白い人懐っこそうな犬。マルチーズだ。あちらこちらにマーキングしている。

玄間から抱っこで洗面所へ直行し、温かいお湯でシャンプー実施。ワタワタと暴れるけれど、噛みつく様子もなく、シャワーして綺麗になった。私達が使っているバスタオルで全身を拭いてから、ドライヤーで乾かす。

フワフワでいい匂いになった。首輪と汚れたリードは外して、シュウのものをつけてやった。もう少し、乾いたら、フロントラインをしてやろう。

寒いだろうから、洋服を着せようとしたが、唸る。着せるのを止めて、ささみご飯と水を床に置くと、空腹だったのだろう、ガツガツと山のように盛ったご飯をペロッとたべてくれた。ほっとする。

乾いてフロントラインをしたら、ものすごい勢いで噛みついてきたがなんとかノミダニはしておかないといけないから、済ませた。。全然痛くないが(慣れていたので。。)、飼い主に可愛がられていないか、かなり叱られてきた犬だとすぐにわかった。

問題はとら吉だ。自分の縄張りに突然入って来た犬に威嚇している。犬はトラにワンワン吠える。えらい事になった。

とりあえず今夜は、ゲージに入れて、この一触即発の状況を治めなくてはならない。それはなんとか上手く行った。

朝、散歩に連れていった。夕べたくさん美味しいものを食べさせたので、たっぷりとウン〇が出た。よかったね!と話しかける。リードはグイグイと引っ張るから、ハーネスにしてよかった。名前はわからないが、とりあえず、<バッハ!バッハ!>と呼ぶと振り向く。 ん?君はバッハかい? シュウが居なくなって初めての犬との散歩だった。やっぱり犬と散歩は楽しかった。と同時に、この犬の飼い主を探さなくてはならないから、急にさみしくなった。

家へもどると、とら吉が怖がって威嚇する。とら吉にストレスを与えるのは避けたい。しばらくしたら、この犬がいた方へ歩いていってみようと思い、ほんの少し外へ繋いでおいた。

ところが隣の方が玄間から出てきた途端、吠えまくった。慌てて外へ出て、付いていたリードを手に、家探しに出た。

バッハ君はさっさともと来た道を歩いて行く。何件か先の家の前に来ると、玄関へ向かった。ん?ここ?来た方のずっと手前だぞ。

このうちにはマルチーズばかり5匹いる。シュウが存命の時に、時々、相性のいい子と上手に挨拶していたのを思い出した。チャイムを鳴らすと、犬の吠え声と同時にうちの方出てみえた。

バッハ君をみた途端、「あら~また脱走したの?」と言う。話を聴くと、元々この犬の<実家>だったそうだ。近所のアパートの住人で、子犬が欲しい人に譲った犬だったとのこと。名前は・・・なんだっけ。聴いたのに忘れた。どうも駄目だ。聴いてもすぐに忘れる。アパートの住人は碌な飼い方をしていないらしく、犬がすぐに家を出てしまうという。餌も水もどうもちゃんと与えている様子がなく、世話は小学生の子供に任せている。

家の中はゴミが散乱し、とても犬を飼える環境ではないという。私はもう、アパートへ返すのは可哀相でしょう。返さない方がいいのではありませんかと進言した。その方も、そうですよねと頷いていた。
御礼を言ってその家をあとにした。シャンプーやフロントラインを入れた袋を、後日持参して、ポストへ入れておいたら、御礼に美味しいお菓子がきた(^-^)
a0135924_1945440.jpg


a0135924_19454385.jpg

[PR]

# by syu_beruto73 | 2011-10-22 20:31 | 雑感

とら吉のきもち

     私がポロポロと涙をこぼしていると、

     とら吉が、

     ヌワーーーーンだとかムゥーーンだとか言いながら、

     私の真正面に来て、鎮座した。

     そして、じっと

     不思議そうな顔で

     私をみつめている。

a0135924_1251296.jpg

[PR]

# by syu_beruto73 | 2011-10-21 01:25 | 雑感

おもいで

a0135924_10384255.gif

桜の頃、娘にとってもらいました。懐かしい・・
a0135924_1043693.jpg


シュウは私とゲームをするのが大好きでした。袋の中におやつを入れて、それを放りあげて中から取り出すのは、袋を膨らませるまで待てなくて、早くwという感じでした。それから両手のどちらかにおやつを入れて、当てっこするとか、コップの中におやつを入れて当てたり、楽しかったなぁ・・・・

もう本当にシュウとは想い出があり過ぎて、ひとりで歩いていると、クンクンしていた場所があちらこちらにあって、お気に入りの○ンチ場・シッコ場だったなぁ・・・とか

シュウのお気に入りだったおもちゃも遺骨と一緒に置いてあるけど、もう慣らす犬はいない。。。まだまだ立ち直れないピッピであります。

今日は心療内科の受診日だったので、予約時刻ぎりぎりにセーフ。主治医が休診で代診の先生でしたが、犬のことや両親介護のことなど話をしてきました。
[PR]

# by syu_beruto73 | 2011-07-16 13:58 | 雑感